赤阪友昭被告の顔画像は?Facebookアカウント特定!?生後2か月の息子を虐待か!

義理の子供を虐待したと言う話はよく聞きますが、今回は生後2か月の自分の息子を虐待した罪でフリーカメラマンの赤坂友昭(あかさかともあき)が逮捕起訴されました。

動機は一体何だったのでしょうか?

顔画像やSNSアカウントなどもリサーチしてみました!

スポンサーリンク

事件の概要

イメージ画像

事件が起こったのは2017年11月のことです。

当時生後2ヶ月の息子に対し暴行を加えたとされるのはフリーカメラマン赤阪友昭被告です。

赤坂容疑者はなぜ自分の息子に脳障害が残るほどの虐待を行ったのでしょうか?

現在わかっている事件の詳細は下記の通りになります。

 傷害の罪で起訴されたのは大阪市福島区のフリーカメラマン赤阪友昭被告(55)です。起訴状などによりますと赤阪被告は去年11月、自宅で当時生後2か月の息子の頭部に暴行を加え、硬膜下出血などのケガをさせた罪に問われています。息子は脳に重度の障害が残っているということです。警察によりますと、赤阪被告は自ら119番通報し「背中をトントンと叩いたらけいれんを起こした」と説明していたということですが、虐待の疑いがあるとして病院が児童相談所に通告していました。

赤阪被告は逮捕時「事実はまったく違います。今回の息子のケガについては黙秘します」と話していたということです。

出典;MBSニュース

赤坂友昭被告は子供のケガに関しては黙秘していたようですが、それ自体、容疑を認めているのと同じことですよね。

全てを知っているのは赤坂被告本人だけですので、子供のケガの状況だけで公判を維持するのは難しいと思います。

奥さんはその時、目撃していなかったのでしょうか?

報道の内容が足りないため詳しいことは今のところ不明です。

この件につきましては新たな情報が入りしだい追記させていただきたいと思います。

容疑者の顔画像は?

ニュース動画に赤坂被告の顔画像がありました。

それがこちらになります。


出典;MBSニュース

トレッキングの途中で撮影した画像でしょうか?

若い時のもののようですが、良い笑顔をしています。

とても、乳児を虐待するような人には見えませんね

容疑者のプロフィール

容疑者のプロフィールを現在わかっている範囲で、まとめてみました。

氏名赤坂友昭(あかさかともあき)
年齢55歳
住所大阪府大阪市福島区
職業フリーカメラマン

写真家としてのプロフィールは下記の通りです。

赤阪友昭 Akasaka Tomoaki/写真家
1963年大阪市生まれ。
1996年よりアラスカやモンゴルにて撮影をはじめる。雑誌『Coyote』や『SWITCH』に写真や文を掲載し、プラネタリウムの番組制作や国立民族学博物館での写真展など「未来へ継ぐべき命」をテーマに活動を続ける。2000年には『神話を語り継ぐ人々』と題し、北海道・熊野・東京にてアイヌとアラスカ先住民の国際交流イベントの総合プロデュース、2006年から2008年の三年をかけてアラスカ州シトカに故・星野道夫のためのトーテムポールを立てる『星野道夫トーテムポールプロジェクト』を共同プロデュース。現在は日本各地に残された森が内包する信仰、縄文文化や祭祀を取材。2009年から写真ギャラリーphoto gallery Sai(大阪)を主宰。近著に『The Myth-神話の風景から-』がある。

出典;URAN-DOU

仕事はしっかりとされてきた人物のようです。

仕事と子育てはまた別のものなのでしょうか?

それとも虐待は何かの間違いだったでしょうか?

他に子供は?

今回、暴行を加えたとされる子供は2番目の子供のようです。

2014年の1月に長女が生まれています。

プライバシーの関係上、顔を隠していますが奥さんは超美人でした。


出典;石田瑞穂のブログ

スポンサーリンク

SNSアカウントは?

SNSアカウントも調査してみました。

Facebook

リサーチした結果、ニュース画像と同じ人物のアカウントが見つかりました。

赤坂友昭被告のものと思われますが、当方ではプライバシーの関係上特定は致しませんので、検索結果だけをリンクしておきます。

ご興味のある方はこちらご覧ください。

「赤坂友昭」検索結果

Twitter

「赤坂友昭」、「tomoaki akasaka」のユーザー名とも該当なしでした。

一応検索結果のみ表示させていただきますのでご興味のある方はご覧ください。

「赤坂友昭」の検索結果

「tomoaki akasaka」の検索結果

Instagram

さすがにカメラマンなのでインスタはやっていると思いリサーチしてみました。

Facebookの掲載されていた画像と同じものがアップされていましたので、間違いないと思いますが、こちらもFacebook同様、特定は致しませんのでリサーチ結果のみをリンクしておきます。

ご興味のある方はこちらをご覧ください。

「赤坂友昭」の検索結果

ネットの反応

ネットの声をまとめてみました。

「こういう実の親からの虐待のニュースを見るたびに泣きそうになります。
子供に手を出すとかどんだけ弱いものいじめするんだよって。
赤ちゃんがどんな存在か生まれる前からわかってるだろって。
やり返しもしない、何をされてるかもわからない、親に頼るしか出来ない存在なのにその親に虐待されるとか辛すぎ。
こういう親には赤ちゃんが受けたと同じ比率の負担(精神的、肉体的)を与えて良い法律作って欲しい。」

「早い人だったら孫でもおかしくない、いい年齢のオッサンが。
脳に後遺症。 2ヶ月にしてこの子の人生の大部分を奪いましたね。」

「黙秘って、認めたようなものやん。
違うなら必死で弁明するでしょ。 」

「背中トントンでそこまでなるはずはない!
自分も小さい子いるから泣き止まない時の苛立ちはわかるけど、叩いたりしてはいけない。大人が子供のことをわかってあげないでどうする。親父失格だ 」

出典;Yahoo!ニュース

やはり、厳しいコメントが多数寄せられていました。

「親父失格だ」と言うコメントもありましたが、もし、今回の出来事が真実ならば、もっと根本的な「人間失格」のようにも思えます。

恐らく赤坂被告がこれから先、この子を育てることはあるのでしょうか?

五体満足に生まれた子供を育てるのにも一苦労するのに、重い傷害を負わせてしまってはどちらかが亡くなるまで面戸を見続けなければなりません。

子供を授かりたくても授かれない方々がたくさんいらっしゃる中、55歳になって子供を授かることが出来たのなら、「大切に育てなきゃ」と思うのが当然だと思うのですが、赤坂容疑者にとっては望まない子供だったのでしょうか?

どんな思いをもっていたのか、真実なのか無実なのか、黙秘していてはわかりませんよね。

スポンサーリンク