明石ダコが記録的不漁!世界的漁獲量減少で、明石名物「玉子焼」に影響も?ってか玉子焼ってなに?

主産地・西アフリカの夏漁が低調だったためボイルタコの値段がマグロ並みに高騰しているそうですが、明石ダコも記録的不漁に陥っているそうです。

そして、その明石ダコを使った明石名物「玉子焼」にも影響が出始めているとのこと…

気になったのでリサーチしてみました!

スポンサーリンク

概要

年々、明石ダコの漁獲量は減少傾向にあるようですが、今年の不良は記録的なのだそうです。

いったい何が原因なのでしょうか?

報道の詳細

報道の詳細はこちらになります。

明石ダコとして知られる明石沖のマダコが記録的不漁となっている。市内5漁協で漁獲量が最も多い明石浦漁協(明石市岬町)では、ピークとなる7、8月に昨年比で4割以下に落ち込んだ。地元の水産団体は22年ぶりに子持ちダコを放流。近海ではタコ釣り禁止の協力も呼び掛ける。名物の「玉子焼(明石焼)」にもじわりと影響が出始めている。(小西隆久)

マダコ漁は毎年7、8月ごろにピークとなり、年間漁獲量のほぼ半分を占めるが、今シーズンはあまりの不漁に出漁を見送る漁師が続出した。専門家は「昨年冬の水温低下が影響したのかも」と推測するが、はっきりとした原因は分かっていない。
明石浦漁協では2017年の146トンに対し今年の7、8月は計51トン。漁場に最も近い東二見漁協(同市二見町)では昨年の5分の1近くまで減った。
明石卸売市場によると、4~8月のマダコ取扱量は昨年の半分の約65トン。市場関係者は「平均単価もやや高く、家庭の食卓に上がる機会が減ったのでは」と推測する。

出典;神戸新聞NEXT

漁獲量が4割以下の落ち込みとは大きいですね。

元々「明石ダコ」は高級ブランドなので更に値段が高騰すれば確かに食卓に上る機会は減ってしまっているかもしれません。

イメージ画像

不漁の原因推測

不漁の原因について地元漁師たちは

不漁の原因について、地元漁師たちは「昨年冬の冷え込みが厳しく、秋に生まれたばかりの子ダコが育ちにくい環境だったのでは?」

出典;神戸新聞NEXT

と推測しているようです。

事実、県立水産技術センターによると、「昨冬の漁場付近の海水温は前年より2~3度低かった。」とのことです。

しかし、兵庫県立水産技術センター(明石市二見町)の長浜達章研究員の話では

「タコは変温動物なので水温低下で活動できなくなることはあるが、個体数減との関係はよく分からない」

出典;神戸新聞NEXT

と、水温低下と不漁の因果関係については現在の所は不明とのことでした。

スポンサーリンク

過去の不漁

環境変化の影響からか毎年漁獲量が減少気味の明石ダコですが、過去にも記録的不漁があったそうです。

その内容がこちら…

明石市の漁師の間でマダコの不漁といえば、1963(昭和38)年の「三八(サンパチ)冷害」による被害が今でも語り草となっている。
明石市史には「寒さに弱いタコが明石の海でほぼ死に絶え、大きな打撃を受けた」と記載されている。兵庫県などが中心となり、別の地域で捕ったタコを明石沖に放流したが、多くの漁業者が出稼ぎに出たり、ノリ養殖を始めたりする契機になったとされる。

出典;神戸新聞NEXT

「寒さでほぼ死に絶えた」は壮絶ですね…

昭和38年当時は「地球温暖化」と言う言葉はなかったので何となく頷ける話ですが、昨今では地球温暖化が叫ばれています。

そんな中で低水温が影響で不漁になると言うのも不思議な気がしますね。

急激な温度変化が原因と見た方が良いのかもしれません。

対策

地元の漁協では子持ちダコを放流するなどの対策を取っているようです。

詳細はこちら…

東播磨底曳網漁業協議会は9~10月上旬に11回、計約440キロの子持ちダコを放流した。冷害の63年から、83年、96年に続く異例の措置で、足かけ56年で4回目。行政の補助なしに協議会が独自で実施するのは96年以来、22年ぶりという。
漁師たちは出漁そのものを減らすなどし、マダコの資源管理にも努める。同協議会の竹本義美会長(60)は「今回はサンパチ冷害ほどの被害ではないが、資源確保のため、できる限りの努力をしたい」と話す。

子持ちダコを放流する漁師

出典;神戸新聞NEXT

明石名物「玉子焼」とは?

ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」で優勝したこともある明石名物「玉子焼」とはいったいどのような食べ物でしょうか?

「玉子焼」とは兵庫県明石市の郷土料理で別名「明石焼き」とも呼ばれています。

「たこ焼き」と同じように中にタコを入れ丸く焼き上げますが、周囲を焦がすことなく焼き上げ、卵をたくさん使い、小麦粉以外に浮粉と呼ばれる「小麦でんぷん」の粉を使うので生地は柔らかく、ソースで頂く「たこ焼き」とは違い、黄金色の出汁に浸して食べます。

「たこ焼き」は洋食ぽい所もありますが、「玉子焼」は完全和食!

私的に表現すると…

「タコの入った茶碗蒸しを丸く焼いて出汁で食べるもの」

と言った感じでしょうか?

味は薄味なので、ソースたこ焼きと同じようなものと思って食べるとかなり違和感があります。

「これは和食」と思っていただくと美味しさがわかるのではないでしょうか?

玉子焼(明石焼き)

出典;ヤマキ

スポンサーリンク

玉子焼への影響

明石名物「玉子焼」への影響も懸念されています。

「B-1グランプリ」やイベントへの出展を担う「玉子焼ひろめ隊」隊長の古志利宗さんは…

「ここ数年、慢性的に不足する中で、今年の不漁はかなりこたえる」

出典;神戸新聞NEXT

と語っています。

また、明石焼を提供するお店では需給調整のため、1年前に冷凍したタコを使うこともあるようなので、来年以降の調達に対し懸念が広がっているようです。

明石ダコの取れる場所

明石ダコは文字通り明石で獲れるマダコのことで、明石海峡の早い潮流に揉まれ、付近の豊富な餌に恵まれ育つことで身がしまり、うま味が凝縮しているため高級マダコとして扱われています。

その明石ダコの育つ明石海峡はこちら…

まとめ

昨今、タコは世界的和食ブームにより世界での消費量が増えているため、海外産の輸入量も減少しているとのこと。

グローバル化の波は庶民のグルメにも影響を与えているのですね。

ただ、明石産以外のたこを使えば「玉子焼」とは呼べても、「明石焼き」とは呼べなくなりますよね。(笑)

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.