知的障害ある23歳姉が弟で3歳児の腹踏み殺害! 罪に問われるの? 顔画像や名前は?【大阪市】

知的障碍者の姉が弟を踏み殺すと言うショッキングな事件が発生しました。

事件に至った経緯は何だったのでしょうか?

また、逮捕された姉は罪に問われるのでしょうか?

気になったのでリサーチしてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

イメージ画像

一家は子どもが6人の8人家族だったそうです。

事件が起こったのは4月2日の正午ごろのことでした。

知的障害のある23歳のが、自宅の風呂場で3歳になる弟の腹部を踏み続け死亡させた疑いで同5日に警察はこの姉を逮捕しました。

弟を司法解剖の結果、死因は腹を強く圧迫され腸が破れたことによる失血死とのことです。

また、左足や左腕には火傷のあとがあったと言うことですので、日常的に虐待を受けていた可能性もあるようです。

取り調べに対しこの姉は「風呂場であおむけの弟の腹に5、6分乗っていた。死ぬとは思わなかった」などと供述していて、殺意については否認しているとのこと。

この姉の知的障害がどの程度のものだったか気になりますがその辺りの詳しい情報は今のところわかっていません。

この件に付きましては新たな情報が入りしだい追記させていただきたいと思います。

犯行動機はなに?

逮捕された姉は警察の取り調べに対し「普段から弟の面倒を見させられ嫌気がさした」と供述してるそうです。

姉は知的障害のため働きに出ることが出来ず家に居たため、常日頃から弟らの面倒を見さされていたと言うことでしょうか?

イメージ画像

この過程には姉を含め子供が6人いたと言うことです。

両親とも仕事を抱えていたのかどうかはわかりませんが、子供が6人もいれば猫の手も借りたい状態だったのでしょう。

姉の傷害は両親にとって危機感を感じる程度のものではなかったのかもしれません。

両親が姉の心の負担を推測することが出来ればよかったのでしょうけれど、知的障害があればコミュニケーション能力も低いでしょうから、その辺りを察することが難しかった可能性がありますね。

スポンサーリンク

罪は問えるの?

少し調べて見ましたが、知的障害者であっても罪に問われるケースは少なくないようです。

当然、障害の程度によってその刑罰は軽減されることはあります。

また、最重度とか重度の人の犯行が、刑事事件になりる可能性は低いようですね。

今回の場合、今までわかっている情報から、警察の事情聴取に対応できるコミュニケーション能力があることが伺えますので、刑事責任を問われる可能性は高いのではないでしょうか?

受刑者全体における「その他の精神障害」(知的障害、精神病質、神経症以外の障害)の占める割合は、平成17年のデータで、4.0%となっています。

容疑者の名前や顔画像は?

やはり姉に知的障害があるからなのか、姉の名前や顔画像は公開されていませんでした。

残念ながら容疑者の利用可能な顔画像は今の所ネット上に出回っていないようです。

ニュース動画においても、警察車両で移送中の姉の姿にはボカシが掛けられていたため、顔画像は名前が公開されることはなさそうです。


出典;FNN

スポンサーリンク

事件現場

今回事件の起こった現場は平野区加美鞍作2丁目にあるこの兄弟の自宅と言うことです。

平野区加美鞍作2丁目は地図で言うとこちらになります。

ネットの反応

ネットの声をまとめてみました。

自分の子供でも面倒みるの大変なのに、20も離れた弟の面倒を見させていた両親にも問題があると思うけど。
殺害していい理由にはならないけど、長女だけが悪いとも思えない。3歳の男の子は、普段から虐待されていたのかな。
毎日怒られて、怖い思い沢山して短い生涯を終わらせることになったのかと思うといたたまれない。自分でちゃんと育てられないなら、簡単に子供作るべきではない。」

「知的障害のある姉に3歳児の世話をさせてた親が一番悪いと思う。
姉だけではなくて親も保護責任者遺棄致死で逮捕するべきでは?
これが姉が刑事未成年の年齢なら、罪に問われるのは親ですよね。
姉の知的障害のレベルにもよるけど、姉だけに罪を負わせるのはどうなのかな。」

「5、6分て相当長いよ。火傷の跡もあるし日常的にいじめていたんだね。この姉も親に虐待受けてたのかな?感覚が異常なのは親の責任もありそう。 」

「子供を育てるって幸せを感じる事多々あるけどイライラしてしまう事もある。それを自分の娘とはいえ丸投げしてしまってはダメだ。ましては障害を持っているのであれば子供のケンカに圧倒的な力の差が生まれる起きるべくして起きた事件だ。親の責」

出典;Yahoo!ニュース

たくさんのコメントが寄せられていましたが、「親の責任では?」といった声が多かったです。

またこの姉も親から虐待を受けていた可能性を疑うコメントも寄せられていましたが、確かに自らが受けたことと同じようなことを弟らに対して日常的に繰り返していた可能性もありますね。

心情的気に見ると、本来刑事責任が問われるのは彼らの親なのかもしれません。

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.