荒川河川敷 乳児遺体遺棄事件!母親はだれ?遺棄された場所や死亡推定日時は?手掛かりはあるの?

足立区荒川の河川敷で生後間もない赤ちゃんの遺体が見つかりました。

母親は不明で、警察は遺体遺棄事件として捜査を開始しました。

犯人に繋がる手掛かりはあるのでしょうか?

死亡推定日時はいつなのでしょう?

気になったのでリサーチしてみました!

スポンサーリンク

事件の概要


出典;日テレNEWS24

荒川の河川敷で乳児の遺体が見つかったのは6月27日の午前9時45分ごろのことです。

東京都足立区千住曙町の荒川河川敷で、草刈り作業をしていた男性が乳児の遺体を見つけ、110通報しました。

衣類を身に着けていなかったと言うことですので、出産後すぐに捨てられた可能性があります。

警察は死体遺棄事件として捜査をはじめました。

死亡推定日時は?

遺体には目立った外傷はなく死後数日が経過していると言いう報道でした。

遺体の性別は男児へその緒が付いた状態だったとのことです。

当初の報道では性別不明とのことでしたので腐敗が進んでたものと思われていましたが、死亡してから数日しかたっていないと言うことです。

今後警察による司法解剖が行われ、死因などが特定されるようですが、死産であったのか、それとも、出産後殺害されたのかが気になりますね。

へその緒がついてたと言うことなので自宅で出産したのでしょうか?

母親は?犯人はだれ?手掛かりは?

現在、乳児の遺体が見つかったばかりで母親は特定されていません。

遺棄されて間がなければ、付近の防犯カメラを解析して不審者を特定することも可能ですが、それなりの日にちが経過していれば、捜査は難航することが予想されます。

ひとつ予想できることとしては、遺棄した人物(たぶん母親)が遺棄現場から比較的近くに住んでいる可能性が高いと言うことでしょうか?

地方であれば、車が無ければ生活できないため、車で移動して遺棄する可能性が高いですが、都心であれば、車の所有率は低いですし、仮に車があったとすれば、川敷とは言え、そんな街中を遺棄場所に選ぶことは考えられません。

また、遺体をバックに詰め、電車で移動したとも考えにくいのではないでしょうか?

事件の後、引っ越してさえいなければ、近くに住んでいる可能性があると思われます。

イメージ画像

それにしても、我が子を簡単に遺棄してしまうことだ出来る性格ってどうなのでしょうか?

母親の精神的未熟さが伺われます。

スポンサーリンク

遺体発見現場

今回、乳児の遺体が発見された場所は、東京都足立区千住曙町、東武伊勢崎線堀切駅近くの荒川河川敷と言うことです。

東京都足立区千住曙町は地図で言うとこちらになります。

東武伊勢崎線堀切駅近くの荒川河川敷はこちらになります。


出典;Google Map

東京都心での死体遺棄事件…。

なんとも恐ろしいです。

しかし、今回発見された乳児遺体は氷山の一角で人知れず生まれ、処分される乳児はかなりの数存在するのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットの声をまとめてみました。

「かわいそうに……
命をなんだと思ってる
草むらに捨てないで病院やら交番にやら置いておけば……
子供のできない経済力のある優しい夫婦の元で幸せが待ってるかもしれないよ。
もっともっと相談できる場所、赤ちゃんポストみたいな場所、増やして欲しい。
命をなくさないで済むのなら、そうゆう機関が増えても全然いい。」

「養子や里子を待っているご夫婦も沢山いるそうです。
経済的にも精神的にもしっかりしたご夫婦ばかりです。
色々と事情はあったかもしれませんが、せめて「産んだだけの親」になって欲しかったです。
これでは誰も幸せになれないのに。」

出典;Yahoo!ニュース

赤ちゃんポストや里親制度の利用に関してのコメントが多く寄せられていました。

しかし、乳児を遺棄するような人物はそのような知識がなく、精神的にも未熟である可能性があるため、目先のことだけ考え、犯行に及んでしまうのではないでしょうか?

また、未熟であるがゆえに罪の意識が低いのかもしれません。

こう言った事件を目にするたびに、妊娠、出産は免許制にするべきでは?と考えるのはわたしだけでしょうか?

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.