荒木世志貴容疑者に通院歴!顔画像やSNSアカウントは?父親殺害の動機などリサーチ!

10月3日の朝、息子が父親を刃物で切り付け殺害すると言う痛ましい出来事が起こりました。

殺害した息子は自首し、逮捕されましたが、通院歴があったとのこと…

いったい何が起こったのでしょうか?リサーチしてみました!

スポンサーリンク

事件の概要

9月3日、千葉県警は父親を刃物で刺し殺害したとして、殺人の疑いで荒木世志貴容疑者(27)を逮捕しました。

現在わかっている事件の情報は下記の通りになります。

3日、千葉県松戸市の住宅で、60歳の男性が刃物のようなもので刺されて死亡しているのが見つかり、警察は、交番に自首してきた27歳の長男を殺人の疑いで逮捕し、詳しいいきさつを調べています。

逮捕されたのは、松戸市金ヶ作の無職、荒木世志貴容疑者(27)です。
警察の調べによりますと、荒木容疑者は3日午前、自宅で父親の世司さん(60)を、刃物のようなもので切りつけるなどして殺害した疑いがもたれています。
荒木容疑者は、3日午後2時ごろ、柏市内の交番に「父親を刺して殺した」と自首してきたということです。
警察は、供述どおり、自宅の寝室で父親が死亡しているのが見つかったほか、凶器と見られる刃物のようなものが見つかったことなどから、荒木容疑者を逮捕しました。
荒木容疑者は、この住宅に父親と母親の3人で暮らしていまいたが、当時、母親は外出中だったということです。
警察は、詳しい状況やいきさつを調べています。

出典;NHK NEWS WEB

荒木容疑者は父親に何か抑圧されていたことでもあり、衝動的に殺害に至ったと言うことなのでしょうか?

警察の話によると、「荒木容疑者には通院歴があり、刑事責任能力の有無を慎重に調べる方針」とのことですので何らかの精神疾患があったものと思われます。

荒木容疑者は自首したと言うことなので刑事責任に問題ないように思えますが、もしかしたら母親に促されて自首したと言うことも考えられますね。

この件につきましては詳細についてまた新たな情報が入りましたら追記させていただきたいと思います。

荒木世志貴容疑者のプロフィール

荒木容疑者のプロフィールを現在わかっている範囲でまとめてみました。

氏名荒木 世志貴(あらき よしたか)
年齢27歳
住所千葉県松戸市金ケ作
職業無職
同居人父、母
兄弟の有無不明
疾病病名不明通院歴あり

「世志貴」と書いて「よしたか」と読むのですね。

珍しい漢字使いです。

無職と言うことは家に引きこもり状態だったと言うことでしょうか?

通院理由が気になりますね。

荒木容疑者の顔画像

大変申し訳ございませんが今の所、中西容疑者の顔画像はネット上で見つけることは出来ませんでした。
この件につきましては画像は手に入りしだいアップさせていただきたいと思います。

SNSアカウントは?

荒木容疑者のSNSアカウントについても調べて見ました。

Facebook

珍しい名前なのであれば本人の特定につながる可能性がありましたが、「荒木世志貴」名でのアカウントは見つかりませんでした。

「yoshitaka araki」では数名の方がヒットしましたが特定には至りませんでした。

一応、検索結果をリンクしておきますのでご興味のある方はこちらご覧ください。

「荒木世志貴」検索結果

「yoshitaka araki」の検索結果

スポンサーリンク

Twitter

「荒木世志貴」のユーザー名では該当者なし、「yoshihiro nakanisi」のユーザー名で3人ヒットしましたが、特定するに至りませんでした。

一応検索結果のみ表示させていただきますのでご興味のある方はごらんください。

「荒木世志貴」の検索結果

「yoshitaka araki」の検索結果

犯行現場

今回犯行現場となったのは千葉県松戸市金ケ作の自宅と言うことなので地図で言うとこの辺りになると思います。

近くに小学校や中学校もある住宅街です。

こんな言い方をするべきではないと思いますし、亡くなったお父様には気の毒ですが、殺意が家の中に向いたのは不幸中の幸いだったかもしれません。

ネットの反応

ネットの声をまとめてみました。

「通院歴があるからって何だ
私も今も精神科に月一で通院しているけど
善悪の区別くらいはある
そんなので減刑とかやめて欲しい 」

「精神障害者を責任能力云々で無罪放免するシステムおかしくないかな?動く地雷をばらまくのと同じような事だと思うが。完全に治る余地がある人ならともかく、この先も完治する見込みの無い奴を適当に治療してまた、世に放つのは
かなり違う気がする。むしろ、罪の重さに依っては死刑で良いと思う。」

「通院歴で免罪になったとしても刑期以上の隔離と管理監視が必要なんじゃない? 」

出典;Yahoo!ニュース

上記のような精神疾患に関するコメントが多数寄せられている一方、

下記のように子育ての難しさを語るコメントも寄せられていました。

「自分の子に殺されるのってどんな気持ちなんだろう?
「他人を傷つけるより、自分が殺される方がまだいい」
「あぁ、どこで育て方を間違えたんだろう?」
とかかな?」

「この事件は息子は精神病と思われるので例外かも知れないが
成人した無職の我が子に殺される親がなんと多いことか
子育てを失敗すると親は死ぬまで逃げられず苦しむことになる 」

出典;Yahoo!ニュース

確かに子育ての難しさはあります。

親が子に良かれと思ってすることでも本当は子供のためになってなかったり、いつの間にか親のエゴを押し付けてしまっていたり…。

問題は子供が大きくなってから「間違った子育て」が発覚してしまうこと。

そうなると更生させることがかなり難しくなってきます。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.