源島ゆみ子(げじまゆみこ)容疑者の顔画像は?Instagram特定か!?父親はだれ?結婚は?犯行動機はなに?

乳児遺棄の事件が後を絶ちません。

群馬県伊勢崎市で25歳の女が乳児死体遺棄で逮捕されました。

なぜ、生まれた我が子を放置できるのでしょう?

今回、逮捕された源島ゆみ子(げじまゆみこ)容疑者とはどのような人物なのでしょうか?

気になったのでリサーチしてみました!

スポンサーリンク

事件の概要

生後間もない乳児を遺棄したとして、25歳の女性が逮捕されました。

妊娠してから出産するまで、十月十日と言われています。

何時妊娠が分かったのかわかりませんが、その間に十分考える時間はあったはずです。

そして、この痛ましい結果も、十分に想像できたはずです。

なぜ、対処できなかったのでしょう?

現在わかっている事件の詳細は下記の通りになります。

源島ゆみ子の自宅

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、群馬県伊勢崎市のアルバイト・源島ゆみ子容疑者(25)です。

源島容疑者は今月中旬ごろ、出産した女の子の遺体を自宅に放置した疑いがもたれています。

児童相談所の職員と市役所の職員が25日に警察署を訪れ、「今月2日に出産予定だった女性の出産が確認できず、子どもの安否も分からない」と相談し、警察が源島容疑者の自宅を調べたところ、押し入れの段ボール箱の中から遺体が見つかりました。

調べに対し、「子どもが死んだという認識はありません」と容疑を否認しているということです。

出典;TBS NEWS

子供の死因は判明しなかったどうですが呼吸をしていた形跡があり、死産ではなかったようです。


出典;日テレNEWS24

ニュース映像を見る限り、源島容疑者の自宅はアパートではなく一軒家のようですね。

源島容疑者は両親と姉と4人で住んでいたとのことです。

また、家族は源島容疑者の妊娠や出産に気が付かなかったということです。

妊娠に気付かなかったと言う話はよく聞く話ですが、一緒に住んでいて大きくなったお腹に気付かないなんて、家族がどんなかかわり方をしていたのか気になりますね。

ご近所の方はこの件に関して下記のように話されています。

「お母さん、お姉さん、妹さん(容疑者)の3人とも、成人女性の平均身長よりも少し低く、ややコロッとした体形をされているので、妊娠しているかどうか余計にわかりにくかったのかもしれませんね。」

出典;週刊女性PRIME

確かに、スレンダーな方が妊娠すれば直ぐにわかるかもしれませんが、元々ポッチャリ系の体形であれば妊娠したことはわかりにくいかもしれません。

スポンサーリンク

新たな情報

源島容疑者は昨年の11月下旬に初めて産婦人科を受診していました。

伊勢崎市役所は以下のように話しています。

「その産婦人科から、市の保健管理センターに妊娠の連絡が入っているんです。ところが保健管理センターから12月27日、“その後、定期的な検診に来ておらず、妊婦さん本人とも連絡がとれない心配な状況にある”と報告がきました。すぐに年末年始を迎えましたので、年が明けてから、本人の連絡先(スマホ)に4回連絡をとりました」

出典;週刊女性PRIME

4回連絡を取ったうち1回は、容疑者から折り返し電話があったそうで、源島容疑者は「病院を変えて通院する」と言った旨を伝えたと言うことでした。

新たな病院については「これから探します」とのことだったそうです。

そして、そのまま音信不通に…。

出産予定日は1月2日。

予定日を大きく過ぎても出生届が提出されることがなかったため、1月24日、児童相談所が自宅を訪問しました。

その時のことについて児童相談所は次のように話されています。

「心配でしたので、夜の7時過ぎにスタッフ2名で家庭訪問しました。本人も家族もいました。子どもさんのことは、家族もおられたので、なかなか切り出せませんでした。本人が“妊娠していません”と否定されたんです。

中絶や流産した可能性もありますので、その場は引き上げてきました。翌日は朝からこの件で会議を開きましたが、やはり本人の発言や行動がおかしいことと、子どもさんが確認できなかったので、市役所職員と伊勢崎警察署に相談に行きました」

出典;週刊女性PRIME

なぜ、一緒に暮らしていた家族が妊娠に気付かなかったのか不思議ですよね。

2018年11月には家族で温泉旅行に行った際、姉と母親が一緒に入浴していたようですが、本人は「便秘気味」だと話していたこともあり、少し太ったかな?くらいで妊娠だと気づくものはいなかったそうです。

妊娠に気付くのが遅れたと言う話もありますが、家族の助けがあれば育てることは可能だったと思います。

一度は産婦人科を訪れているわけですし、なぜ我が子の命を粗末にしたのか…。

妊娠がわかれば、両親に叱責されるとでも思ったのでしょうか?

疑問の残る事件ですね。

源島容疑者の顔画像は?

イメージ画像

リサーチしてみましたが残念ながら容疑者の利用可能な顔画像は今の所ネット上に出回っていないようです。

この件につきましては入手出来しだい掲載させていただきたいと思います。

容疑者のプロフィール

容疑者のプロフィールを現在わかっている範囲で、まとめてみました。

氏名源島ゆみ子(げじまゆみこ)
年齢25歳
住所群馬県伊勢崎市田部井町
職業アルバイト
婚姻の有無不明
逮捕容疑(乳児)死体遺棄

父親はだれ?

源島容疑者は未婚だったことがわかっています。

父親の男性が誰なのかはわかっていたようですが、妊娠が判った時には、すでに別れていたようです。

SNSアカウントは?

イメージ画像

SNSアカウントも調査してみましたが現在ところ特定に至るようなアカウントは見つかっていません。

珍しい名前なので、ヒットすれば特定しやすいのですが、Facebook、Twitterとも該当者はありませんでした。

Instagram

最近の若い世代のメインSNSはこちらのようですので、無理かと思いましたが検索してみましたところ、「源島ゆみ子」名で1名のアカウントが見つかりました。

珍しい苗字で名前も一部ひらがなになっていますので、本人の可能性は非常に高いと思いますが、アカウントは非公開のため、情報が乏しく、本人特定は出来ませんでした。

一応、こちらに検索結果を表示させていただきますのでご興味のある方はご覧ください。

「源島ゆみ子」名でのInstagram検索結果

スポンサーリンク

事件現場

今回の事件現場となったのは源島容疑者の自宅とのことです。

源島容疑者の自宅は群馬県伊勢崎市田部井町とのことですので地図で言うとこちらになります。

ネットの反応

イメージ画像

ネットの声をまとめてみました。

「折角生まれた命なのに、望まないならなんで先に措置しなかったのか。
こういう事件は母親がいつも逮捕されるけど、父親にも十分関わってると思います。
一緒に逮捕を!」

「子供が欲しい夫婦にはなかなか子宝に恵まれない現実がある一方、子供を産み育てることを望まない者には簡単に子供ができる。そしてその命を簡単に葬る。戦前は産めよ増やせよで子供ができた。今なぜできないんだろう?不思議だね~」

「妊娠中からマークされていた妊婦だから児童相談所や市役所が関わっていたのでは?
だったら予定日から20日も過ぎてから警察に行くのは遅い!その前に危険を感じて訪問や医療機関と連携して動かないと!保健師なのやってるの」

「育てられないなら養子に出すなりして欲しい。小さな命を消さないで。 」

出典;Yahoo!ニュース

小さな命が亡くなってしまったことに対するコメントがたくさん寄せられていました。

「養子に出すなり…」と言ったコメントもありますが、今の時代、子供に恵まれない夫婦は多いはずです。

まだ乳児であれば、貰い手はいくらでもあるように思いますがどうなのでしょう?

源島容疑者も育てられないと思ったのであれば、どう対処するかをネットで調べるなり、児童相談所に相談するなり何なり出来たはずです。

賛否両論あるようですが、赤ちゃんポストだってあります。

こんな犯罪を犯す人たちは、命の大切さを受刑中にしっかり感じ、心を改めることが出来るのでしょうか?

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.