淡路島でバナナボートの男性死亡! どこの海水浴場? 死亡した清水国一さんの顔画像は?

淡路島の海水浴場で水上バイクの牽引するバナナボートに別の水上バイクが衝突し、乗っていた男性(49)が死亡しました。

今年は猛暑の影響でバナナボートに代表される「トーイング遊具」の事故が急増しています。

スポンサーリンク

事故の概要


出典;神戸新聞

夏休みシーズンに入り家族で海のレジャーを楽しむ方も多くいらっしゃると思います。

しかし、海のレジャーに「危険は付きもの」である部分は否めず、毎年様々な事故が起きています。

そんな中、痛ましい事故が起きてしまいました。

事故の詳細はこちら↓です。

5日午後2時45分ごろ、兵庫県淡路市室津の海水浴場で、水上バイクが引くバナナボート(8人乗り)に、別の水上バイクが衝突。神戸海上保安部などによると、ボートから海に投げ出された東大阪市の会社員、清水国一さん(49)が死亡した。他に男女3人が骨折や打撲などの重軽傷を負ったが、命に別条はないという。

事故当時は快晴で、現場付近では多くの水上バイクが旋回していたという。神戸海保が原因を調べている。

出典;毎日新聞

死亡した男性以外のけがの状況は10代の女性が右腕の骨折、9歳の男児が頭の打撲、追突した水上バイクに乗っていた男性(56)が水を飲み病院へ搬送されたと言うことです。

「現場付近では多くの水上バイクが旋回していた」と言うことですが、例えば平地の広場でバイクが不規則に走っていたとしたらどうでしょう?

危険ですよね?

水上バイクは陸走するバイクと違いブレーキがありません、小回りも利きません。

特に普段は使用しない水上バイクだけにその特性を肌身に感じて乗りこなすことはかなり難しいことではないでしょうか?

事故の起きた海水浴場

今回の事故の起きた場所は淡路島の北淡室津ビーチと言う海水浴場です。


出典;Googleマップ

毎年、神戸方面から多くの海水浴客が訪れ、家族連れが賑わうビーチとなっているそうです。

しかし、そもそも海水浴場で水上バイクやトーイング遊具を楽しむこと自体がどうなの?と私は疑問を持ってしまいますが、みなさんはどうお考えでしょう?


北淡室津ビーチ(室津ビーチ)
出典;Googleマップ

死亡した清水国一さんの顔画像やFacebookは?

今回の事故で死亡された清水国一さんの顔画像をリサーチしてみましたが見付けることは出来ませんでした。

また、Facebookのアカウントも探してみましたが該当するものは見つかりませんでした。

一応、Facebookの検索結果をこちらに表示しておきます。

https://www.facebook.com/search/top/?q=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%9B%BD%E4%B8%80

まとめ

毎年、夏になると痛ましい水難事故が起こります。

今年はそれに加え、猛暑を超えた酷暑。

水温も例年より高めで海に入って冷たさを感じることなく水遊びを楽しむには最適なため、いつもの年より多くの方が海へ向かっています。

その結果、事故も増加。

しかし、ほんの少し心構えや事前の知識を得ることで水難事故は大きく減らすことが出来るのものだと私は考えています。

くれぐれも海で遊ぶと言うことは命に係わる事故につながる危険性を秘めていると言うことを認識して海のレジャーを安全に楽しんでいただきたいと思います。

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.