樋田淳也は淡路島観光の後、兵庫~岡山を経由か?徳島へも?逃走経路を徹底検証!

樋田淳也の逃走経路が各地で接した方々の声により明らかになってきました。

どうして山口県で万引きするまで不思議ですよね。

さて、今回は樋田容疑者の逃走経路について検証してみます!

スポンサーリンク

これまでに分かった詳細

樋田淳也容疑者は高知県でお遍路を装うなど各地で目撃情報が寄せられています。

大阪を抜け出してから山口県で逮捕されるまでの足取りで現在わかっていることは以下の通りになります。

樋田淳也(ひだ・じゅんや)容疑者(30)の逃走ルートの概要が、各地の住民らへの取材で明らかになった。大阪をスポーツタイプの自転車で出た樋田容疑者は、兵庫県の淡路島を周遊後、広島からしまなみ海道で四国入りしたとされ、再び本州に戻って山口県で窃盗容疑で現行犯逮捕された。この間、「日本一周」を装って自転車旅行を続け、計8府県の走行距離は1000キロを超えるとみられる。府警は48日間にわたる逃走の経緯を調べている。

各地の住民らによると、樋田容疑者は8月24日、松山市の愛媛県庁を訪れ、サイクリングロードを記した地図をもらい、「日本一周中」と書かれたプレートを作ってもらった。同日、市内の自転車店を訪れ、男性店長(37)に「兵庫から淡路島を一周し、広島県尾道市からしまなみ海道で愛媛県に来た。これから四国を一周する」と話したという。樋田容疑者は自転車に荷物を積むための荷台設置を店に依頼し、逃走の長期化を見越して準備をしていたとみられる。
その後、樋田容疑者は香川県三豊市や高知県田野町の道の駅で、お遍路のような姿で旅しているのを住民らに目撃されている。8月30日夜には、高知県須崎市の道の駅で警察官から職務質問を受けたが、偽名を使用。警察官は自転車の防犯登録番号を照会せず、樋田容疑者と気付かなかった。
一方、この頃、樋田容疑者は自転車旅行中の男(44)=占有離脱物横領容疑で逮捕=と知り合い、行動をともにするようになった。
9月に入ると、愛媛県庁や自転車店を再訪して謝意を伝え、再びしまなみ海道で本州へ。広島市の原爆ドームや山口県岩国市の錦帯橋など観光地周辺で野宿していたという。
同県周防大島町では9月18日以降、9日間にわたって道の駅で宿泊し、住民から食事の提供を受けたり、素顔で記念撮影に応じたりするなど地元との交流も深めた。

出典;毎日新聞

大阪での足取りが途絶えた後、淡路島へ渡ったようですが、明石海峡大橋はは高速道路となっており自転車や原付は通行できません。

自転車で淡路島に渡るには、旅客高速船を利用する必要があります。

恐らく樋田容疑者は明石から出港する旅客高速船「淡路ジェノバライン」を使ったものと思われます。

こちらが「淡路ジェノバライン」になります。

利用料金は大人が片道500円。

自転車は一台220円となっているので樋田容疑者は合計720円を支払って淡路島に渡ったのでしょう。

ちなみに自転車は船の後方に積み込むそうです。

出典;カナシスコム

スポンサーリンク

淡路島周遊後、そのまま四国へなぜ渡らなかったのか気になる方もいらっしゃると思います。

その理由はまず鳴門大橋は明石海峡大橋と同じく自動車専用道路なので自転車で渡ることは出来ません。

さらに、淡路島から徳島県へのフェリーも「淡路ジェノバライン」のように自転車を乗せることが出来る高速船もありません。

2017年からトラックを使った自転車の輸送サービスが始まったようですが、「淡路ジェノバライン」ほど手軽ではないため、樋田容疑者は見送った可能性があります。

淡路島を周遊した後、再び本土に戻り四国を目指すわけですが、なぜ四国に執着したのかは今のところ不明です。

ではなぜ「しまなみ海道」で四国に渡る道を選んだのでしょう?

そもそも四国に渡ろうと思っていたかも疑問です。

大阪から離れるために黙々と西へ進んでいたら岡山県を超え、広島県尾道市まで辿り着き、そこで「しまなみ海道って自転車でわたれるやんけ!しかも自転車はタダや!」と気が付いたのではないでしょうか?

瀬戸大橋も明石海峡大橋などと同じく自動車専用の高速道路なので自転車は通行できません。

唯一通行できるのが「しまなみ海道」なのです!

しかも現在「しまなみサイクリングフリーキャンペーン」と称して自転車での通行は無料に設定されています!

樋田容疑者が四国に渡った切っ掛けはおおよそそんなところではないでしょうか?

旅を続ける途中で「日本一周サイクリング偽装」を思いついたのでしょうが、どこら辺りでそんな意識を持ったのか気になりますね。

逮捕時の状況や同行者の情報などはこちらから…

樋田淳也容疑者は本当に日本一周を目指していた?高知県でお遍路?逮捕された同行者はどんな人?

足取りの時系列

逃走の足取りを時系列でまとめてみました。

大阪編

18月12日富田林署から逃走
213日午前0時ごろ樋田容疑者の実家付近で黒い原付バイクが盗まれる
313日午前1~2時ごろ黒い原付によるひったくりが2件発生
413日午後9時ごろひったくり発生
513日午後11時ごろひったくり発生
614日午前1時ごろ樋田容疑者に似た黒い原付の男が防犯カメラに映る
714日午後11時ごろひったくり発生
815日4と5でひったくられたかばんが見つかる
916日以降足取りが不明に…


出典;毎日新聞

日本一周編

8/12夜富田林署逃走1
8/19
神戸市垂水区のアウトレットモール2
 淡路島
自転車で一周
岡山県を経由し、広島県へ…
8/23しまなみ海道南下3
8/24松山市
愛媛県庁などを訪問
4
8/25香川県観音寺市の道の駅で以後行動を共にする男と出会う。
5
8/26お遍路で弥谷寺を参拝
8/28東かがわ市の家電量販店
一旦、同行の男と別れ別行動に…
6
8/29徳島県海陽町内の国道55号で目撃情報7
8/30午前午前
高知県の「道の駅田野駅屋」
8/30夜高知県須崎市
「道の駅かわうその里すさき」で職務質問
8
8/31四万十川で目撃情報
9/2県庁などを再訪9
しまなみ海道北上
9/10広島県呉市
大和ミュージアム
10
広島市
原爆ドーム
山口県岩国市
錦帯橋
9/18~9/26山口県周防大島町
道の駅サザンセトとうわで宿泊
11
9/28~9/29山口県上関町
道の駅で野宿
12
9/29道の駅「ソレーネ周南」で万引きした容疑で現行犯逮捕13


出典;産経新聞

スポンサーリンク

徳島へも行っていた!

これまでの逃走経路で香川県から高知県へ行くために必ず通っているはずの徳島県でしたが、ここにきてようやく情報が出てきました!

その情報がこちらになります。

これまで姿が確認されていなかった徳島県でも樋田容疑者とみられる男が目撃されていたことがわかりました。

8月29日午後4時ごろ、樋田容疑者とみられる男を目撃した男性が撮影した写真。場所を特定するため、写真右上に写る筒を横にしたような建物を探してみると…

「目撃者の男性が撮った写真には“オブジェ”が写っていて、樋田容疑者とみられる男はこの国道を通過したものとみられます」(原田康史記者リポート)

場所は徳島県海陽町内の国道55号でした。目撃した男性によると、“日本一周中”のパネルをつけて自転車で走っていて、男性から声をかけて30分ほど並走したということです。2人はその後、海陽町の「道の駅宍喰温泉」で別れましたが、樋田容疑者とみられる男はこんなエピソードを披露したといいます。

「一般の人の家に泊めてもらい、酒も振る舞ってもらった。これまで出会った人に食べ物もよくもらったし、お金も3000円くらいもらった。四国の人は優しい」(樋田容疑者とみられる男)

出典;MBSニュース

55号線は海沿いの道路のようです。

香川から高知県に渡るのに自転車での四国山地超えは辛いと樋田容疑者は判断したのでしょうか?

また、日本一周のプラカードを挙げるなら徳島県は外せないスポットとなるでしょう。

やはり逃亡と言うよりは日本一周モードに樋田容疑者は入っていたと想像できます。

逃走中の写真集

樋田淳也が逃走していた時に取られた画像をまとめてみました。

弥谷寺にて

出典;毎日新聞

「道の駅サザンセトとうわ」にて


出典;愛媛新聞ONLINE


出典;朝日新聞デジタル


出典;FNN

香川県三豊市

出典;JIJI.COM


出典;MBSニュース

関連記事はこちらから…

樋田淳也容疑者は本当に日本一周を目指していた?高知県でお遍路?逮捕された同行者はどんな人?

まとめ

兵庫県や岡山県、四国に渡る前の広島県内での目撃情報に乏しいのは、まだ樋田容疑者の警戒心が強かったからかもしれません。

しまなみ海道を渡ってからは「このスタイルを取っているとバレない!」と自信を持ったのでしょうか、すっかり観光モードに突入して気が緩んでしまっていた感がありますね。

樋田容疑者の逃走についてはまた新しい情報が入りしだい追記させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.