門間裕士容疑者はイケメン? 顔画像あり SNSアカウントは? 事故車両の車種は?

数台の車を運ぶことが可能なキャリアカーに自動車が突っ込み、作業をしていた方が亡くなりました。

事故を起こした門間裕士容疑者はまだ若くイケメンのようですが、今回はそんな門間容疑者の情報をリサーチしてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

みなさんは路上で車の積み下ろしをしているキャリアカーをご覧になったことがありますか?

キャリアカーの車両は巨大なため、配送先の駐車場では作業できず、止む無く多くの場合は路肩で積み下ろしがされているようです。

そんなキャリアカーに軽自動車が突っ込む事故が8月11日の早朝に起きてしまいました。

事故の詳細は下記の通りです。

11日早朝、東京・練馬区で自動車を運搬するキャリアカーに軽自動車が突っ込む事故があり、男性1人が死亡した。

路上にとまったキャリアカー。荷台にある軽自動車は、元々積まれていたものではなく、後ろから突っ込んできたものだ。
警視庁によると11日午前4時過ぎ、練馬区の青梅街道で停車中のキャリアカーに軽自動車が突っ込む事故があった。この事故で、キャリアカーで作業中だった高田玲さんが軽自動車の下敷きになり、死亡した。
軽自動車の運転手で、過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕された門間裕士容疑者は、調べに対し、「居眠り運転をしていた」と供述していて、警視庁は容疑を過失運転致死に切り替えて調べる方針。

出典;日テレNEWS24

亡くなった方は大変お気の毒に思いますが、後方への警戒はしていなかったのでしょうか?

警戒していたとしても、荷台で作業していた場合はとっさに逃げることは難しいのかもしれませんね。

門間容疑者は「居眠り運転をしていた」と言っているそうですが、午前4時過ぎの事故と言うことなので、夜勤の仕事帰りだったのでしょうか?

門間容疑者のプロフィール

門間裕士容疑者に関しての情報はあまりなく、現在分かっている情報は下記の通りです。

氏名門間裕士
年齢22歳
住所
職業
学歴

この件につきましてはまた新たな情報が入り次第追記させていただきます。

門間容疑者の顔画像

門間容疑者の顔画像はこちらになります。


出典;日テレNEWS24

まだ若く幼さ残ってる感じがします。

車は今日に成り得ると言う意識はまだ持ち合わせてなかったとしてもおかしくない年齢です。

眠気を抑えて運転したときのリスクをきっと深く考えたことも無かったのでしょう。

この事故を機に彼は何を思い考えるのでしょうか?

事故現場

事故現場は練馬区の青梅街道と言うことになっています。

地図はこちらになります。


スポンサーリンク

門間容疑者の乗っていた車両は?

この車が門間容疑者の乗っていた車両になります。

まだ綺麗な車両ですね。

新車で購入したのでしょうか?


出典;日テレNEWS24

この車両は日産の「MOCO(モコ)」になります。

日産のエンブレムが付いていますが実はスズキのOEM供給していた車両で、スズキ自動車での販売名は「MRワゴン」になります。

初代のMRワゴンは人気がありましたが2代目、3代目と人気が落ちて行きました。

この型は3代目はオーディオがスマートフォンのように操作できるのが売りでしたが、あまり売れていなかったはずです。

2011年から2016年まで販売され、現在は生産終了しています。


出典;日産自動車

SNSアカウントは?

Facebook

同姓同名の方が2名居ましたが特定には至りませんでした。

一応、検索結果をこちらに表示しておきますのでご興味のある方はご覧ください。

Facebook検索結果

Twitter

Twitterのユーザー検索では「門間裕士」、「kadoma Yuuji」とも全く該当がありませんでした。

それ以外のアカウントで利用していた可能性もありますが、そうなると残念ですが検索の余地はありません。

Instagram

大変申し訳ございません。

こちらもユーザー該当なしです。

ネットの反応

ネット上の声をまとめてみました。

「やはりな、危険だと感じていたんだ
事故車など不動車ならともかく、商売用の車を路上で作業するのはいかかがものかと思う
しかもナンバー無しのを路上でエンジンを掛け運転するのは違法だろうが
キャリアカースペースを確保していない店は、営業させない、認可しないことにするべき 」

「居眠り運転が悪いのは当たり前としても、路上でのキャリアカーって結構邪魔なのよね…。亡くなった人は仕事中で仕方ないとしても危険なところで仕事させてる責任が会社にもあると思う。
当たり前に一車線堂々と使って作業してる風景にも違和感が、運転手側としても注意して横を通るが、作業してる人達って結構強引に道路に出てるときもあるからもっと安全配慮が出きるようにしてもらわないとこの手の事故は無くならないよ。 」

「仕方ないとはいえ、一車線をほぼ占有しての荷下ろしは危険が高いと思う。気休めにしかならないかも知れないが、コーンを立てるなり、
警備員を配置するなど、何らかの策が必要と思う」

出典;Yahoo!ニュース

やはり、「路上で作業していたキャリアカーの方にも問題があるのでは?」と言った意見が多数寄せられていました。

私も、「え!ここで止まってる?」とキャリアカーが1車線塞いで停車していることでヒヤリとしたことがなんどもあります。

信号や交差点付近などとは関係のないところで止まっているのでちょっとよそ見をしていたらそのまま追突です!

上記のネットの声の中にもありますように本来なら警備員を立て、パイロンや、夜間であれば警告灯などを設置して作業する必要があると思います。

過失運転致死傷罪の刑罰

過失運転致死傷罪の刑罰は「7年以下の懲役または禁固もしくは100万円以下の罰金」(自動車運転処罰法5条)となっています。

また、懲役または禁固には執行猶予が基本付くようなので、悪質な事故でなければ死亡事故でも刑務所にはいかなくて済むようですね。

いずれの刑罰になったとしても門間容疑者には「十分な反省と償い」をしてもらいたいものです。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.