矢口智恵美さんの顔画像はこちら!勤めていた病院は?犯人の手掛かりは?山形・美人医師殺人事件犯人逮捕!

5月19日の夕刻、医師の矢口智恵美(やぐちちえみ)さんと思しき人物が死亡している状態で見つかった事件において、警察は現場の状況から矢口さんが殺害されたと断定し、捜査本部を設置しました。

いったい女医の身に何が起こったのでしょうか?

スポンサーリンク

犯人逮捕

犯人の加藤紘貴(かとうひろき)容疑者のが逮捕されました。

詳細はこちらをご覧ください。

殺人鬼・加藤紘貴(かとうひろき)容疑者の顔画像はこちら!犯行動機や関りは?山形眼科医殺人事件の真相!
5月19日、山形県東根市のマンションで、眼科医の矢口智恵美さんが殺害されているのが見使った事件において、山形大学大学生の加藤紘貴容疑者が逮捕されました。 50歳の女医と23歳大学生の関りは…。

事件の概要

5月19日(日曜日)午後5時50分ごろ、山形県東根市のマンションで50代くらいと見られる女性の遺体が見つかりました。

警察は死亡していた女性がこの部屋に住む医師の矢口智恵美さんと見て身元の確認を進めていて、現場の状況などから殺害された可能性を視野に捜査を進めていたようですが、20日になって県警は死亡していたのが矢口智恵美さんと特定。

死因は頭部打撲による頭蓋内損傷であったため、殺人事件として、山形県警村山署に捜査本部を設置しました。


出典;NHK NEWS WEB

第一発見者は矢口さんのマンションを訪問してきた智恵美さんの弟で、部屋に姉と思われる女性が衣服を身に着けた状態で倒れているのを見つけ、警察に通報。

直ぐに警察官が駆け付けましたが、智恵美さんとみられる女性は既に死亡していたとのことです。

弟さんは、智恵美さんとこの日会う約束があり部屋を訪ねてきたとのこと。

死亡推定時刻などは今のところ発表されていませんが、心肺停止状態などで病院に運ばれることなく死亡が確認されたと言うことは、亡くなってからかなりの時間が経過していたことがうかがえますね。


出典;NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

新たな情報

あらなた情報についてはこちらをご覧ください。

矢口智恵美さん殺害!防犯カメラ映像から犯人特定?!美人女医殺人事件の真相!
山形県村山市で眼科を開業していた矢口智恵美(やぐちちえみ)さんが自宅マンションで何者かに殺害された事件において、新たな情報が次々と明らかになっています。 改めて今回の事件を検証してみましょう。

犯人の手掛かりや犯行動機は?

矢口さんが院長を務める病院の職員の話では、18日(土曜日)は日中の診療を終えた後、新しい職員の歓迎会があり、矢口さんはその場に出席していたとのことです。

その後、矢口さんは病院の男性スタッフに、帰宅後の午後10時45分ごろ「車内に携帯電話を置き忘れていないか」と電話で話をしていたことが確認されていますので、殺害された時間はその電話の終わった時間~19日午後5時50分ごろに弟さんが遺体を見つけるまでの間と言うことになりますね。

犯人に繋がる手掛かりの情報は今のところ報道されていませんが、「防犯カメラの映像」や、通り魔的犯行でなければ「通話、メールの履歴」などから、比較的早く犯人が特定されるのではないでしょうか?

犯行動機ついても推測することしか出来ませんが、殺人となると、金銭関係のトラブルや怨恨恋愛感情のもつれ、強盗強姦なども考えられます。

矢口さんの顔画像は?

こちらが矢口智恵美さんの顔画像になります。


出典;日テレNEWS24


出典;TBS NEWS

矢口さんのプロフィール

矢口智恵美さんのプロフィールを現在わかっている範囲で、まとめてみました。

氏名矢口智恵美(やぐちちえみ)
年齢50歳
住所東根市さくらんぼ駅前3丁目
職業医師
専門医資格日本眼科学会専門医
大学卒業年1995年
死因頭部打撲による頭蓋内損傷

矢口さんは事件の起こった6階建てマンションの2階の部屋で1人暮らしをされていたそうです。

スポンサーリンク

勤めていた病院はどこ?

リサーチしてみたところ、矢口智恵美さんは眼科院の院長さんでした。

お勤め先は山形県村山市にある「矢口眼科クリニック」で、10年前に矢口さん自らが開業したとのことです。

矢口眼科クリニックはこちらになります。

事件発覚後の20日には病院の玄関に貼り紙がされていました。

それがこちらになります。


出典;さくらんぼテレビ

院長を失った医院は再開できるのでしょうか?

矢口さんの人柄や評判は?

患者の1人は矢口さんについて下記のように話されていたそうです。

「いい先生。人に恨みをかうような人ではない」
出典;TBS NEWS

また、別の病院で一緒に仕事したことがある男性は下記のように話されていたそうです。

「腕がよく白内障の手術が上手だった。恨まれるような人ではない」

出典;KYODO

また、家族が矢口さんの病院に通っていた男性は

「人柄のよい先生です。みんなに好かれるタイプでハキハキとしていました。なぜ、このような事件が起きたのか残念です」
出典;NHK NEWS WEB

などと話し、矢口さんの住んでいたマンション1階の店舗で働く50代の女性は、

「穏やかで小柄な先生で、家族でよく診てもらっていた。人当たりもよく、トラブルに巻き込まれる印象もないのでびっくりしている」
出典;朝日新聞DIJIRAL

などと話していたそうです。

とても評判の良い女医さんだったようですね。

そんな評判の良い矢口さんはどんな禍(わざわい)を抱えていたのでしょうか?

矢口さんのSNSアカウントは?

矢口さんのSNSアカウントも調査してみましたが現在ところ特定に至るようなアカウントは見つかっていません。

お医者さんと言うことでFacebookはやっている可能性があると思いましたが、特定できるようなアカウントは見つかりませんでした。

事件現場


出典;TBS NEWS

智恵美さんの住むマンションの住所は「東根市さくらんぼ駅前3丁目」とのことですので、地図で言うとこちらになります。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットの声をまとめてみました。

「医師を殺害って。。。病気を治してもらったり、救えない命を助けてもらったりする方を1人でも減らすなよ~~~地方は医師不足です・・・
ご冥福をお祈りします。
犯人早く見つかり罰を受けますように!!」

「ラジオのニュースを聞き、びっくり仰天!眼の奇病、黄斑変性で先週、東京・千駄木の病院で、この先生の治療を受けたばかり。本人は「山形から月に1回、上京して大学病院で治療にあたっている」と話していた。たぶん主治医に間違いない。事故、事件は不明だが、ご冥福を祈ります。」

「警察は第一通報者の弟を先ず疑う。
身内であってもそれを承知で通報しないといけない。
人口に比例してこういった事件が起きるが、いつもいつも悔やまれるなぁ… 」

出典;Yahoo!ニュース

矢口さんから先週、治療を受けたばかりの患者さんからのコメントも寄せられていました。

「月に1度、上京して大学病院で治療に当たっていた」とのことですで、優秀な眼科医さんだったのでしょうね。

また、下記のように弟さんを疑うようなコメントが多数寄せられていました。

「第一発見者。そういう点では弟が怪しいと疑われるのかな。金を無心して断られたかとか…。」

「多くの人が感じているでしょうが弟さんが怪しい。自分の姉が倒れているのに「女性が倒れている」とは通報しないでしょう。 」

出典;Yahoo!ニュース

事件発覚当初の報道の内容があいまいなため、誤解を招いている面もあるように思います。

例えば、弟さんは警察に連絡した時、「姉が死んでいる」と通報したのかもわかりませんが、最初の報道では警察的には身元確認が出来ていない時点だったため、「女性が死んでいる」と言う表現でしか公表できなかったのではないでしょうか?

弟さんを疑うには時期早々のようにも思えますが、どうでしょう?

謹んで矢口智恵美さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.