殺人鬼・加藤紘貴(かとうひろき)容疑者の顔画像はこちら!犯行動機や関りは?山形眼科医殺人事件の真相!

5月19日、山形県東根市のマンションで、眼科医の矢口智恵美さんが殺害されているのが見使った事件において、山形大学大学生の加藤紘貴容疑者が逮捕されました。

そして、加藤容疑者は6月24日から約2カ月間にわたり、鑑定留置されることが決まりました。

[Untitled]

犯人逮捕

犯人の画像が防犯カメラにしっかりとらえられていたにも関わらず、逮捕まで時間が掛ってしまいましたね。

警察も慎重に捜査を進めていたのでしょう。

山形県東根市のマンションの部屋で、眼科クリニックの院長で医師の矢口智恵美さんが殺害された事件において、警察は山形大学の学生、加藤紘貴(かとうひろき)容疑者が事件に関わった疑いがあるとして取り調べ、殺人と住居侵入の疑いで逮捕しました。


出典;河北新報

加藤容疑者は逮捕後の事情聴取に対し、「覚えていません」などと言う内容の供述をしていて、容疑を否認しているということです。

覚えていない…

「やりました。」と言っているのと同じですよね。

加藤容疑者は電車やバスを使い自宅から矢口さんのマンションまでを往復したことがわかっています。

また、加藤紘貴容疑者の靴に付着した血液を分析した結果、矢口さんのDNA型が検出されたことが14日、明らかになりました。

もはや言い逃れることは出来ませんね。

鑑定留置

6月21日加藤被告の鑑定留置が決まりました。

詳細はこちらになります。

 殺人などの容疑で逮捕された山形大学人文学部4年、加藤紘貴(23)について、山形地検は21日、鑑定留置を請求し、山形簡裁は認める決定をした。

24日から約2カ月間にわたり、精神科の医師が、事件当時の加藤容疑者の精神状態を調べる。

山形地検は、加藤容疑者の鑑定留置について「捜査上、必要なため」とし、認否については「お話しできない」としている。

出典;産経新聞

鑑定留置の理由は「精神鑑定し加藤容疑者の刑事責任能力の有無を調べるため」とのことです。

鑑定結果により起訴するかどうかを決めるそうですが、見ず知らずの人の家に上がり込み、その家の住人を殺害したのですから、まともな精神の持ち主では当たり前のことです。

殺人を犯すような人はみな大なり小なり精神に異常を期待している人だと思われませんか?

国立大学には普通に通っているようですので、刑事責任能力はあると考えられます。

恐らく今回の鑑定留置は形式的なものなのではないでしょうか?

加藤容疑者の顔画像は?

こちらが公開された加藤容疑者の顔画像になります。


出典;TBS NEWS

左右まったく別の顔をしているように思えませんか?

誰しも左右まったく同じ顔に出来ているわけではありませんがここまで違う人も珍しいのではないでしょうか?

加藤容疑者は多重人格者だったりするのでしょうか?

吹田市千里山駅前交番襲撃事件飯森裕次郎容疑者もまた、極端に左右の顔が違います。

ふたりには何か共通した部分でもあるのでしょうか…。

飯森裕次郎容疑者のFacebook特定!?出身大学や出身高校は?犯行動機は?言い訳がヤバ過ぎる!大阪・吹田市交番襲撃事件!
G20を控えていることもあり、警察の威信をかけた捜査だったのでしょう。 16日早朝、大阪府吹田市千里山駅前の交番で古瀬鈴之佑巡査が刺され拳銃を奪われた事件において、職業不詳、住所不定の飯森裕次郎(いいもりゆうじろう)容疑者がスピード逮...

こちらはメガネをかけた加藤容疑者です。


出典;FNN

メガネをかけるとまじめそうな印象になりますね。

とても殺人を起こすような人間に見えませんが…。

[Untitled]

加藤容疑者のプロフィール

容疑者のプロフィールを現在わかっている範囲で、まとめてみました。

氏名加藤紘貴(かとうひろき)
年齢23歳
住所山形市東原町1丁目
職業山形大学人文学部4年
逮捕容疑住居侵入
殺人

加藤容疑者は、国立大学に通っていたのですね。

大学の授業には、事件翌日の20日も出席していて、少なくとも今月10日までは授業に出ていたことが確認されているそうです。

加藤容疑者は新潟県長岡市立小中学校を卒業したのち、地元の高校に入学、そして中退。

その後、予備校などを経て山形大学に進んでいます。

中学時代の同級生の話では、真面目でおとなしい人物だったそうです。

事件の詳細

これまでにわかっている事件の詳細は下記の通りになります。

事件発覚

5月19日(日曜日)午後5時50分ごろ、山形県東根市のマンションで50代くらいと見られる女性の遺体が見つかりました。


出典;TBS NEWS

警察は死亡していた女性がこの部屋に住む医師の矢口智恵美さんと見て身元の確認を進めていましたが、5月20日になって県警は死亡していたのが矢口智恵美さんと特定。

[Untitled]

室内に大量の血痕が残されており、死因は頭部打撲による頭蓋内損傷であったため、殺人事件として、山形県警村山署に捜査本部を設置し捜査を進めていました。


出典;NHK NEWS WEB

第一発見者は矢口さんのマンションを訪問してきた智恵美さんの弟で、部屋に姉と思われる女性が衣服を身に着けた状態で倒れているのを見つけ、警察に通報。

直ぐに警察官が駆け付けましたが、智恵美さんは既に死亡していたとのことです。

弟さんは、19日に姉である智恵美さんと会う約束をしていて、午後5時40分過ぎに部屋を訪れ、智恵美さんの遺体を見つけたとのことです。

智恵美さんの変わり果てた姿を見つけた弟さんは大きなショックを受けたでしょうね。

マンションの部屋は2LDKで、智恵美さんは玄関から入って突きあたりにある居間で血を流し、うつぶせで倒れていたそうで、居間には争った形跡がありましたが、寝室にはそうした形跡がなかったそうです。

司法解剖の結果、死亡推定時刻は19日の早朝の可能性が高いことがわかっています。


出典;NHK NEWS WEB

防犯カメラに男の姿

事件発覚当初の報道が曖昧であったため、第一発見者である弟さんが怪しいとネット上で騒がれていましたが、その後の警察の捜査で、事件が発覚した19日早朝、智恵美さんの部屋に男と見られる人物が出入りする様子が付近の防犯カメラに写っていたことが分かりました。

死亡推定時刻と一致する時間帯です。

警察はこの人物が関係した疑いがあると見て人物の特定を進めていました。

人物が映り込んでいた防犯カメラは矢口さんのマンションに設置されたものではなく、近くにある別の建物に設置された防犯カメラとのことです。

運良くか、悪くか、矢口さん宅の玄関先を捉えていたとのことです。

イメージ画像

最近はどこにでも防犯カメラが設置されているので犯罪を犯しても防犯カメラを掻い潜って逃げ切ることは難しくなっていますね。

[Untitled]

防犯カメラには、遺体が見つかった19日の午前5時過ぎ、男と見られる人物が部屋に入り、約20分後に出てくる様子が映っていたそうです。

他に出入りした人物がいたと言う情報はないので、恐らくこの男が訪問した20分の間に犯行に及んだとみて間違いないでしょう。

玄関から侵入していたと言うことは、無施錠でない限り、矢口さんの知人と言うことでないかと言う見方も事件当初はされていましたが、どうやら、加藤容疑者はカギの掛かっていない部屋を探し回っていたことがその後の操作で明らかになっています。

訪問した時間が早朝5時過ぎと人目に付きにくい時間を狙って犯行のようですので、計画的犯行である可能性がとても高いと思われます。

別の階をうろつく

事件後の情報で、犯人とみられる男は、身長170~180センチで、やせ型、短髪、黒っぽい服を着ていたとのことがわかりました。

それが加藤容疑者だったのですね。

矢口さんのマンションを出るとJRさくらんぼ東根駅方向に向かったと言うこともわかりました。

事件当日、防犯カメラがとらえた加藤容疑者はマンションの3階に上がって廊下をうろついた後、2階に下りてさらにうろつき、ドアをこじ開ける様子もなく矢口さんの部屋に入っていったと言うことです。

矢口さんのマンションにはオートロックは付いていなく、こじ開けられた様子もないことから無施錠であったと見られています。

加藤容疑者は何が目的でマンションの3階と2階をうろついていたのでしょうか?

矢口さんの部屋を探していたのか、それとも鍵のかかっていない部屋を探していたのか…

別のアパートなども物色

加藤容疑者は矢口さんのマンション以外にも鍵のかかっていない部屋を探し回っていたことがわかっています。

詳細はこちら…。

矢口さんは先月19日の早朝に殺害されたとみられていますが、その前日から当日にかけて背格好がよく似た人物が、近くのコンビニエンスストアで食料品を買う様子や周辺のアパートで部屋のドアが開かないか試す様子などが、防犯カメラに映っていたことが分かっています。

このうち、事件のあったマンションからおよそ500メートル離れたアパートに住む男性は、事件のあと、捜査員から「部屋に容疑者とみられる男が侵入した疑いがある」と告げられ、ドアの指紋などを調べられたということです。

男性はその日、鍵をかけずに近くのコンビニエンスストアに行き、戻ってきたときに室内にあったスリッパが部屋の外に出ていたことに気付いたということです。

男性は「鉢合わせになっていたらと思うととても怖いです」と話していました。

警察は、加藤容疑者が事件の前に別のアパートの部屋にも侵入した疑いがあるとみて、当時の行動を詳しく調べています。

出典;NHK NEWS WEB

加藤容疑者の行動はまるで獲物を狙うハンターのようですね。

しかし、加藤容疑者は凶器を自分で用意してはいなかったようです。

[Untitled]

凶器はゴルフパター

イメージ画像

室内には大量の血の跡があり、部屋からは血の付いたゴルフパターが見つかっています。

死因は頭部打撲による頭蓋内損傷とのことですが、複数回殴られた跡があり、頭部からかなりの出血もあったようですね。

どうやらこのゴルフクラブが凶器となったことは間違いないようですが、犯行に使われたパターは矢口さんのものだと言うことがわかっています。

それにしても、ゴルフクラブで複数回頭を殴打すると言うことは、加藤容疑者には強い恨みがあり、最初から殺害する目的で矢口さん宅を訪問したことが疑われます。

加藤容疑者は矢口さんにいったいどんな恨みを持っていたのでしょうか?

[Untitled]

防御痕

矢口さんの腕には傷があり、手の指も激しく損傷していたとのことです。

矢口さんが犯人の振り回すゴルフパターから身を守るため、頭を手でかばおうとしたにもかかわらず、加藤容疑者が執ように殴り続けたのでしょう。

加藤容疑者の矢口さんに対する恨みの深さを物語っていますね。

また、矢口さんの後頭部には骨が陥没するほど激しく殴られたあとがありましたが、顔には特に目立った傷が無かったことも判明しています。

狂喜乱舞した加藤容疑者も顔を狙うことは躊躇してしまったと言うことでしょうか?

加藤容疑者のSNSアカウントは?

SNSアカウントも調査してみましたが現在ところ特定に至るようなアカウントは見つかっていません。

この件につきましては新たな情報が入りしだい追記させていただきたいと思います。

[Untitled]

矢口智恵美さんに関する情報

矢口智恵美さんに関する情報や事件現場詳細はこちらをご覧ください。

矢口智恵美さんの顔画像はこちら!勤めていた病院は?犯人の手掛かりは?山形・美人医師殺人事件犯人逮捕!
5月19日の夕刻、医師の矢口智恵美(やぐちちえみ)さんと思しき人物が死亡している状態で見つかった事件において、警察は現場の状況から矢口さんが殺害されたと断定し、捜査本部を設置しました。 いったい女医の身に何が起こったのでしょうか? ...

ふたりの関りや犯行動機は?

矢口さんと加藤容疑者との間に接点はなかったとみられていましたが、加藤容疑者は警察の取り調べに対し、「医師と面識がない」と話していることが明らかになりました。

犯行の残虐さから当初、怨恨での殺人と思われていただけに、これはちょっと驚きですね。

犯行動機などについては以前不明ですが、加藤容疑者は矢口さんのマンション以外にも無施錠の部屋を物色していたものと見られていますので、手当たり次第に人の居る無施錠の部屋を探していた可能性が高いと思われています。

ネットの反応

ネットの声をまとめてみました。

「動機が何だったのだろうか。痴情のもつれにしては年の差が気になるし、行きずりの犯行とも思えない。」

「逮捕に至った経緯が分かれも想像がつくのだが。
もうすぐ詳細な記事が出ると思うので待ちます。せっかく国立大に入ったのに、人生を棒に振る程の犯行動機だったのだろか」

「突然 不審者が家に侵入してきたら、どう対抗するか?
瞬発力、咄嗟の行動が要求されます
各家庭で真剣に考える必要があるのではないでしょうか 」

出典;Yahoo!ニュース

やはり年齢差に関するコメントが多く寄せられていました。

男女逆なら恋愛感情のもつれ、とか一方的な恋愛感情からありそうな事件ですが、女性が50歳、男性23歳ですから、どうなのでしょう?

今後の詳しい情報を待ちたいと思います。

[Untitled]

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.