黄砂飛来! 洗車や洗濯、みんなどうしてる?

春になると花粉と並んで厄介なのが黄砂。

洗車しても洗車しても直ぐにまっ黄色!

当然、車が黄色になれば洗濯物にだって付着しているはずですよね!

みなさんはどう対処されていますか?

洗車や洗濯物、みんながどうしているのか気になったのでリサーチしてみました!

スポンサーリンク

洗車

私は黄砂の季節、洗車はほぼ諦めています。(笑)

しかし、ただひとつ気にしていることがあります。

それはワイパー…。

ただのホコリにも見えなくない黄砂。

それでも黄色い砂と書くだけあってどんなに微粒子になってもやっぱり砂は砂

砂はもともと岩石が砕けたものですよね?

なので、無暗にワイパーをかけるとウインドガラスに細かな傷が入ることに…。

気にせずワイパーで黄砂を掃っていると水弾きが悪くなったり、酷くなると傷でガラスが曇ったりします。

ウインドウォッシャを使えばいいじゃん!って言う方もいらっしゃるかもしれませんがウインドウォッシャはガラス面全体にかかるわけではありません。

確かにそのままワイパーを回してしまうよりは100倍良いですが私は普通の汚れが付着している場合でも可能な限りホースやバケツなどを使ってウインドガラス前面に一度水をかけてからワイパーを回すようにしています。

そうすることによってガラス面に入る細かな傷を出来るだけ防ぐようにしています。

黄砂時期に限りませんが車体についても一度全体を水で流して、さらに常時水を掛けながら柔らかいスポンジ等で洗うようにしています。

さて、他の人たちは黄砂の季節、洗車をどうしているのでしょうか?

少し調べてみました。

やはり気になる人はこまめに洗車しているようです。

ただ、自身にも経験がありますが黄砂が舞っているときに洗車しても無駄ですし、洗車中にも黄砂は降り積もるので拭き上げ時にボディに傷が入ってしまうこともあります。

天気予報や状況を確認しながら洗車しなければならないですね。

毛ばたきを使って掃う方法もあるようですが、こちらも私自身が経験済みで、はっきりいってキリがありません!毛ばたきがあっという間にまっきっきーになります!(笑)

洗車方法はやはり私のやり方が正解のようですね。

大量の水で洗い流す!

水で洗い流した後カーシャンプーで更に洗うのも良いようです。

あと、ボディコートやワックスがけも効果的なようですよ!

私は知りませんでしたが車に黄砂が付着したまま紫外線が当たるとシミになるそうです!
なんでも調べて見るものですね!

洗濯物対策

洗車なら放っておいても大丈夫かも?(笑)しれないけれど、日々放置しておけば溢れかえる洗濯物。

一人暮らしなら「今日はまっ、いいか!」ってのが2~3日続いたって問題ないでしょうが、家庭の主婦はそんな悠長なこと言ってられない!

そんな主婦たちのみなさまは黄砂の季節、どう過ごしているのでしょう?

みなさんがどう対策してるかをブログやツイッターで調べてみました。

やっぱり一番多いのは部屋干しみたいですね。

黄砂の付着だけでなく一緒に飛んでくるPM2.5の付着による健康への影響を懸念される方が多いようです。

外干しされている方は良く掃ってから取り込んでいるそうです。

それから空を見て黄砂の飛来を知らせる薄黄色になっていたら外に干すのをやめると言う方もいらっしゃいました。

外に干すときは洗濯物カバーを掛けて干すという方法もあるそうですがそこまでされている方は少ないようですね。

まとめ

街で暮らしていると自然とは無関係に生きている気になってしまいます。

ですが、雨も風も降り注ぐ太陽光も優しく照らす月光も全て自然ですよね。

人は自然の前では無力です。

抗うではなく、うまく付き合いながら過ごす知恵を養いたいものですね。

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.