新型ジムニー/ジムニーシエラ誕生! 燃費は? 車中泊はできる? 気になる値引き情報など!

いよいよジムニー&ジムニーシエラが20年の時を経てフルモデルチェンジしましたね。

いかにもオフローダーと言うデザインと性能が注目を集めています。

気になる燃費や値引き情報など、まとめてみました。

スポンサーリンク

概要

スズキ自動車が7月5日に新型ジムニーとジムニーシエラを発表しました。

実に20年ぶりの人気車種のフルモデルチェンジとあってネット上でも大きな反響になっています。

先行発表の段階で当ブログでも取り上げさせていただきましたが、詳しいスペックは不明であったため、今回改めて取り上げさせていただきました。

エンジン&燃費

ジムニー

エンジン


出典;スズキ自動車

発売前にはマイルドハイブリッドの設定も噂されていました。

しかし、残念ながらエンジンは現在の所、R06A型ターボエンジンのワンメイクです。

ミッションはATとMTの設定があります。

最高出力ネット 47kW〈64PS〉/6,000rpm

最大トルクネット 96N・m<9.8kg・m>/3,500rpm

燃費

4速AT 13.2㎞/L(WLTCモード)

5速MT 16.2㎞/L(WLTCモード)

ジムニーシエラ

エンジン


出典;スズキ自動車

こちらは噂通りの新開発K15B型1.5L自然吸気エンジンのワンメイク。

昨今、はやりのダウンサイジングターボにしなかったのはオフロード性能との兼ね合いがあるのでしょう。

ミッションはジムニーと同じくATとMTの設定があります。

最高出力ネット 75kW〈102PS〉/6,000rpm

最大トルクネット 130N・m<13.3kg・m>/4,000rpm

燃費

4速AT 13.6㎞/L(WLTCモード)
5速MT 15.0㎞/L(WLTCモード)

スポンサーリンク

車中泊について


出典;スズキ自動車

ジムニーに関しては家族4人が快適に乗れることが重視されるよりも、一人か二人が乗り、オフロードやアウトドアを楽しむと言うことが重視される乗り物だと思います。

従ってドアも3枚ですよね。

荷室についてはリヤシートを倒せば十分なスペースが確保できるのは当たり前です。

気になるのはフルフラットになり車中泊が出来るかどうかなのでないでしょうか?

さすがにそこまで考えているようで前席を倒しフルフラット化できるように設計されています。

リヤシートをしまい込めば更に広いスペースを確保することが出来ます。

しかし、フロントシート形状の関係で凸凹感は否めません。

クッションなどを利用して凸凹を埋め、さらに快適な車中泊にしたいですね。

出典;スズキ自動車

現在の納期

発売前の事前広告の効果も手伝ってか、すでに多数のバックオーダーを抱え、長期納期待ち状態のようです。

ジムニーが半年、シエラに至っては1年待ち!?らしいですね!

長期モデルでユーザー数も相当に多いため、買い替え需要はかなりの量と予想されます。

スズキの増産体制次第だと思いますが競合車種も無いため暫く長期納期待ちは続きそうですね。

値引き情報

「千葉の某アリーナ系ではXCの5MTで一声8万。(オプション3万チケット別)」

「XC車両本体価格が5万5千引き、スズキ自販大分がオプション7万円引き固定なのでナビ類購入・下取り・保険なしで12万5千値引きで契約でした(一発決めします宣言してて交渉なし)。」

「おいどんの場合は本体▲55028円、オプション▲30000円(先行予約割引)でフィニッシュ。純正カーナビ購入で3万円ちょい値引きつくけどとりあえずオーディオレス仕様のまま購入した。」

「6万ちょっとの値引き+ドアバイザー+フロアマットで契約しました。ほんとに値引きシブいですね。」

「1万しか値引きできなかったヨヨヨ…」

出典;Twitter

まだ新車発売したばかりだし、かなりの人気車なので値引きはかなり厳しそうですね。

全く値引きしない販売店もあるようですが、車両本体は頑張って5.5万円の値引き

それにオプション値引きが3万円分。

純正ナビを付けるならさらに「値引き」みたいな感じでしょうか?

まとめ


出典;スズキ自動車

今や軽四が200万円を超えるのが当たり前時代です。

ジムニーの車両価格は1,744,200円(税込み)~と言うことですが諸経費やオプション品などを合わせると240万円になったとの話も聞きました。

それでも買いたいと思えるほどの魅力を持った新型ジムニー!

これからカスタムした車両など、街で見かけるのが楽しみですねっ!

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.