宮崎県大崎市で小学生2人ひき逃げ犯人逮捕!事故現場特定!手掛かりは?ふたりのケガの具合は?

宮崎県大崎市で5月17日の朝、通学中の小学生2人が軽自動車にひかれると言う事故において、会社員の男が逮捕されました。

[Untitled]

事故の概要


出典;FNN

5月17日午前7時5分ごろ、大崎市の市道交差点で、通学のため道路を歩いて渡っていた小学3年生の児童2人が、左から来た車にはねられました。

ふたりの小学生はいずれも軽傷とのことで大事に至らず何よりですが、事故を起こした車は現場からそのまま逃走していて、警察は、ひき逃げ事件として捜査を進めていましたが、午後になり、会社の上司に付き添われ、容疑者の男が出頭してきました。

小学生をにケガを負わせた車を運転していたのは、宮城県大崎市の会社員・村田和宏容疑者(45)。

小学生のケガの具合

今回被害に遭ったのは同市内の小学校に通う小学3年の男児と女児のふたりです。

男児は膝を擦りむき、女児には軽い打撲があるとのことですが、ふたりとも命に別状はないとのことで保護者の方も安心されていることでしょう。

目撃情報

警察には近所を通りかかった人が連絡したそうです。

小学生をはねたのは軽乗用車とみられていて、「中年の男が運転していた」という目撃情報が寄せられていました。

夜間のひき逃げ事件はよく耳にしますが、朝早いとはいえ、白昼のひき逃げ事件。

目撃者も多数いたことでしょう。

村田容疑者は逃げきれると思ったのか、それとも怖くなって何も考えずにその場から立ち去ることだけを考えていたのでしょうか?

最近はいたるところに防犯カメラが設置されていますし、道路にはナンバープレートを読み取るカメラも設置されています。

大きなニュースにもなっていますので犯人は出頭するしかないと思っていましたが、出勤して会社の上司に相談したのか、そのまま出頭することとなったようです。

事故現場特定!


出典;FNN

今回事故が起こった現場は、「大崎市江合本町の信号機のない十字路交差点市道交差点」とのことです。

ニュース画像の解析から現場が特定できました。

それがこちらになります。

信号機のない交差点は横断するにも注意が必要ですね。

当然、ドライバーには通学時間帯でもありますし、より一層の注意が要求されます。


出典;Google Map

ネットの反応

ネット上の声を集めてみました。

「大丈夫か?って聞いて大丈夫って返事だったから去ったってNHKのニュースで見たんだけど、その辺は書いてないのね。まぁ警察呼ぼうって話なんだけどさ 」

「逃げずに救護してたらニュースにもならず示談で済んだのに。」

出典;Yahoo!ニュース

一応、子供たちに声をかけていたと言う話もあるようですが、やはり人身事故ですから警察には連絡するべきでしたよね。

また下記のような声もありました。

「ニュースになってないだけで、当て逃げなんて日本中1日何件もあるでしょ? 」

出典;Yahoo!ニュース

確かにそうかもしれません。

私も自転車に乗った小学生に交差点で軽く接触して、自分の車の損傷具合だけ確認して走り去ったオバサンをみたことがありますし、子供の頃には友人がライトバンに軽く接触され、「だいじょうぶ?」とケガがないことを確認して走り去ったオジサンもいました。

私自身も歩行中、道路わきの会社から出てきた車に軽く接触されたこともあります。

どれも、後から警察に通報すればひき逃げになりますよね。

怪我無ないことを確認したうえでも、自分の名前や住所、電話番号を残しておく必要はあるとおもいます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.