大阪市生野区で警官が7発発砲! 男を逮捕 1人は逃走 発砲の是非は?

9月12日の深夜、追い詰めた犯人に警官が7発も発砲すると言う、アクション映画のような事件が起こりました。

いったい何が起こったのでしょうか?

リサーチしてみました!

スポンサーリンク

事件の概要

大阪生野区で府警のパトカーの停止命令を振り切った車両2台を追い詰めた警官が犯人めがけて7発の銃弾を発砲したそうです。

現在分かっている事件の詳細はこちらになります。

12日午前3時すぎ、大阪市生野区内で、大阪府警生野署のパトカーが、停止命令に従わなかった不審な乗用車2台を追跡。袋小路まで追い詰めたところ、このうち1台がバックでパトカーにぶつけてきたため、署員2人が、それぞれ乗用車を運転していた男に拳銃計7発を発砲した。このうち1人の肩と左足に命中し、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。男の命に別条はないという。もう1人の男にも命中したとみられるが、車を放置し走って逃走したといい、行方を追っている。
同署によると、生野区巽西の路上でライトを消して停車していた乗用車1台をパトカーが発見、近づいたところ急発進したため追跡を開始。約100メートル離れた袋小路の手前で、もう1台の乗用車が割り込んできたという。その後、袋小路に入って制止を求めたが、バックで数回ぶつかってきたため、「止まれ。撃つぞ」と警告のうえ発砲した。
逃走したのは若い男で、身長約170センチ。富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)ではないという。

出典;産経新聞

逮捕された男の車両には27歳の巡査部長が2発撃ち、肩と左足に命中。

もう1台の車両には同じく27歳の巡査長が5発撃ったそうで、追突されたパトカーは大きく壊れ、巡査長も負傷したそうです。

とりあえず、今回の事件を起こした犯人の二人とも逃走犯の樋田淳也容疑者ではないようですね。

それにしても、なんだか訳のわからない事件です。

最初は一台の乗用車だったのが、追跡妨害のためと言うことらしいですが、わざわざもう一台割り込んでくるなんてどういうことでしょう??

もう一台に関しては知らない顔をしておけば捕まることも打たれることも無かったはずです。

しかも、バックで警察車両にぶつかったとして逃げ切れるわけもないでしょう?

覚せい剤でもやっていたのか疑いたくなります。

容疑者について

逮捕されたのは男性で年齢は40歳代くらい、命に別状はないと言うことですが重傷を負っているそうで、身元は現在捜査中とのことです。

もう一人は応援を呼びに行った隙に徒歩で逃走したそうです。

徒歩なら捕まえられそうな気がしますが、逆に小さな隙間に身をひそめることも出来るため、一度見失ってしまうと夜の闇に紛れ、捕えようがないのかもしれません。

いずれにしても、もう一人の犯人が捕まるのは時間の問題だと思われます。

スポンサーリンク

追突された警察車両

こちらが今回の事件で追突されたパトカーの画像になります。


出典;毎日新聞

とんでもなく壊れています!

まさか自走できないほど壊れているとは思いませんでした。

いったいどんな勢いで犯人はぶつけていったのでしょうか?

前後とも破損しているのは追突したはずみで民家のシャッターに突っ込んだためと言うことです。

犯行現場

最初に警官が職務質問をしようとしたのが大阪市生野区巽西と言うことで、犯行現場は「大阪メトロ千日前線南巽駅の北西約900メートルの住宅街、田島小学校近く」と言うことなので、この辺りになると思われます。

まさに街のど真ん中!

しかも近くに小学校があります!

こんなところで逃走追跡&発砲事件なんて信じられません。

真夜中だったと言うこともありますが、よく一般人が巻き込まれなかったものですね。

目撃者の証言や近所の方の声

住宅街の犯行だけあって目撃されている方もいらっしゃったようです。

その方々の声がこちらになります。

・現場近くの3階から目撃した男性(76)の証言

「警察官が『止まれ』と叫んだ後、拳銃を車の下の方に向け、パーンという銃声が聞こえた」

発砲の直前、袋小路で黒い車がバックし、その弾みでパトカーが家のシャッターに激突した。

・別の男性(71)の証言

黒い車からは男が謝りながら降りてきたが、直後に逃走。数十人の警察官が追いかけ、近くの駐車場で馬乗りになって押さえつけた。

・クリーニング店の女性(51)の声

この辺りは静かな地域なのに恐ろしい。

出典;毎日新聞

ネットの声

ネットの反応をこちらにまとめてみました。

「状況的に当然の行為だと思うが、批判する人いるの?」

「発砲は当然の職務行為だな。1人が確保できただけでも良かったと思う。」

「全然問題ないと思うよ。逆に捕まえて良かったよね。発砲されてもそんなことする奴、ウロウロされたらたまらんよ…
こういう場合はどんどん撃てばいいと思う。逃がさないことが大切。」

「日本の警察は、なんの為に拳銃を携帯してるのかよく分からない。
今回の場合は、発砲して当然だと思う。 」

出典;Yahoo!ニュース

やはり、発砲の是非についての意見が多く寄せらえていました。

「正当である。」と言う意見が多かったです。

警察も打った後でいろいろ世間から言われてしまうため、簡単に銃を抜くことが出来ないのだと思いますが、ある程度勇気をもってそう言った行動を執ることも必要なのかもしれません。

正当な行為であれば、今回のようにネットで擁護してもらえるでしょう。

それにしても、逃走したもう片割れも早く捕まってほしいものです。

あと、樋田淳也も…

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.