古市栄治さん、自宅前で力尽き絶命!なぜたどり着けなかったの?ホワイトアウトの恐怖!

1月17日、北海道で歩いて帰宅しようとしていた66歳男性が、ホワイトアウトにより、自宅に辿り着く寸前で倒れ、死亡してしまうと言う痛ましい出来事が起こりました。

亡くなった当別町茂平沢に住む古市栄治さんは、なぜ自宅を目の前にして絶命してしまったのでしょうか?

[Untitled]

概要

ホワイトアウトによる車両事故はよく耳にします。

しかし、北海道では吹雪など日常のことで、その危険も、対処の方法も、道在住の方々は熟知しているものと思っていました。

しかし、長い年月、その土地で過ごした方でも時には命を奪われてしまう危険があると言うことなのだと、改めて知らされる出来事が起こりました。

石狩地方当別町を襲った猛吹雪はいとも簡単に66歳の命を奪ってしましました。

死因は低体温症とのことです。

詳細についてはこちらになります。

古市さんの自宅

17日午後4時すぎ、当別町茂平沢に住む古市栄治さんから「車が雪山に突っ込んだ。自力で脱出できる」と110番通報がありました。

警察が、古市さんの自宅から約120m離れた町道で無人の車をみつけ、その後、自宅の玄関前で倒れている古市さんを発見しました。

古市さんは既に死亡しており、死因は低体温症でした。

現場は当時猛吹雪で、警察は、古市さんが歩いて帰宅する途中に力尽きて倒れたとみて詳しい状況を調べています。

出典;北海道ニュースUHB

警察官が古市さんとの連絡が途絶えたため、自宅付近を探した所、午後10時過ぎに自宅玄関の数十センチ手前で倒れていた古市さんを見つけたそうです。

古市さんが玄関前まで辿り着いていたのになぜ中に入ることが出来なかったのでしょう?

[Untitled]

古市さんのそばには玄関の鍵が落ちていたとのことです。

車を出てから玄関に辿り着く間、吹雪の中、鍵を手に持っていたとは思えません。

やっとの思いで、玄関まで辿り着き、鍵を出したとたん落としてしまったのでしょう。

素手ではかじかんでいたであろうし、防寒手袋をはめていたのであれば、分厚過ぎて、うまく鍵が握れなかった可能性があります。

古市さんは手探りで懸命に探したのでしょうけれど、あたりはただの闇です。

目の前にあるものさえ見えないホワイトアウト

古市さんの途方に暮れた姿を思い浮かべるだけで胸が詰まりますね…。

当時の気温

札幌管区気象台によれば、当時の当別町内の気温は不明とのことですが、隣接する石狩市は氷点下11.2度にまで冷え込んでいたそうです。

私は北海道のスキー場でそのくらいの寒さを経験したことがありますが、体を動かさず、じっとしていた場合、スキーウェアを着ていたくらいで耐えられる寒さではありませんでした。

ホワイトアウトによる過去にあった凍死

イメージ画像

今から15年くらい前のことだったでしょうか?

同じ北海道で同じような吹雪の夜、子供を乗せた軽トラックが雪に突っ込み、「自力で帰るから」と連絡した後、車を置いて、娘と吹雪の中に出た父親がいました。

しかし、ふたりは目の前の自宅に辿り着くことが出来ず、自宅の倉庫前で父親は我が子をかばうようにして、絶命…。

幸い、少女は父親が覆いかぶさっていたため、一命をとりとめると言う出来事があったのを思い出しました。

[Untitled]

当時、「救出を待たず、なぜ車から離れたのだろう?」と言うことに対しての憶測が世間では流れていました。

エンジンの止まった軽トラの車内では寒く耐えられなかったことと、2次事故に遭う可能もあったこと、そして自宅から近かったため、目を閉じていても帰れると思ってしまったからなのだと推測されます。

今回亡くなった古市さんも自宅がすぐ目の前なのはわかっていたのでしょう。

「救出されるまでもない」と思ったのでしょう。

確かにその判断は間違いなかったのかもしれません。

しかし、予想外の出来事とホワイトアウトは古市さんの命を奪ってしましました。

北海道当別町茂平沢

古市さんの住まいのある北海道当別町茂平沢は地図で言うとこちらになります。

札幌の少し上あたりにあるのですね。

まともに北風が当たりそうな場所です。

[Untitled]

古市さんのプロフィール

亡くなった古市さんのプロフィールを現在わかっている範囲でまとめてみました。

氏名古市栄治
年齢66歳
住所北海道当別町茂平沢
職業無職
死因低体温症(凍死)

ネットの反応

ネットの声をまとめてみました。

「ご冥福をお祈り致します。昨日は道内、日本海側からの大雪がすごく高速もすぐに閉鎖。下道も普通なら2時間かかるところ4時間、、。数分停車しただけで窓の雪が視界を遮るため運転で雪山に突っ込んでしまうドライバーは多かったのでは、、。おそらく防寒着が薄かったのかも。残りわずかのところで、ただただ残念です。 」

「玄関前か…もう少し。命の炎があれば家の中で回復できたかもしれないのに。お気の毒です。
自然は時に残酷です。しかし、生かされているのも事実。一筋縄ではいきませんね。御冥福をお祈りします。」

「出かけた理由はわからないが、猛吹雪で外は出るべきではないよ。すくなくとも非常時の準備はするべきだったと思う。 」

「これ、経験ない人にしたら後それくらいなら家見えただろ、とか思うかもしれませんが違うんです。本当に何も見えないんです、自分の足元すら。
昨日運転しててホワイトアウトにあって怖かった。もう道路がどこなのかすら分からないし、前の車は目の前に来てやっとライトがうっすら見えてわかるし、停めようにも停めたら確実に追突されるし、そもそもそこがどこなのかも見えないし。
こればっかりはもうどうしようもない自然の猛威」

出典;Yahoo!ニュース

寒冷地に住む方のコメントが多かったですね。

リアルなホワイトアウトの怖さを語るコメントもありました。

イメージ画像

また、こんなコメントもありました。

スキー場で働いてた事あるけど
本当に寒い地域に住んでる人達は
暖房をガンガンにたいて薄着でいることが多いのも原因では?
以前お父さんが亡くなった事故の時も上着を持っていなかった

出典;Yahoo!ニュース

極寒の地に住む人たちは暖房をシッカリきかせているため、意外と薄着でいるようです。

今回の古市さんがどのような着衣だったのかわかりませんが、外で作業するつもりでは無かったはずですので、やはりそれほど着込んでいなかったのではないでしょうか?

[Untitled]

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.